zenigame225

日経225先物向けトレードツールとして有名なのが、寄引や寄成、引成、オーバーナイト
などの寄り付きや大引などのタイミングを使ってエントリーやクローズを行うツールです
が、売買注文をトレーダーが行う必要があるのが不便な点でした。

そこで、サイン表示だけでなく売買注文を証券会社に出すまで全自動で行えるのが、日経
225先物自動売買「銭亀225」
です。

カブドットコム証券のオプション口座限定になりますので、既に開設している人はすぐに
使えますが、まだという人の場合は先物口座の開設作業が必要です。

銭亀225でトレードを行う時間は決まっていますので、よくある自動売買システムのよう
に24時間連続で稼働させる必要はありません。

「銭亀225」では以下の2種類のロジックが稼働しています。

  • 日中(日中取引寄付エントリー、遅くとも大引までにクローズ)
  • オーバーナイト(夜間取引寄付エントリー、クローズは2種類から選択)

日中とオーバーナイトのどちらか一方だけを稼働させることもできます。

オーバーナイトではクローズタイミングを日中取引の寄付、もしくは、大引の2種類から
選べますが、大引を選んでも翌営業日の日中シグナルがオーバーナイトとは逆(オーバー
ナイトが「買い」、翌営業日の日中が「売り」となる場合と、その逆のケースを想定)に
なった場合には大引まで待たずに寄付で強制決済となります。

その時に損益に関係なく強制決済になりますが、シグナルが逆転した時点で含み損が増加
することが予想されますから、早めに決済したほうが損が少ないという判断です。

「銭亀225」の獲得損益はユーザーによって異なります。

というのも、以下のようにさまざまな設定ができるからです。

  • ロットサイズ(サイン強度に応じて自動的にサイズ変更も可能)
  • トレード途中のストップ・リミットの値(設定しないことも可能)
  • 手作業でのナンピン・返済注文(自動売買では一切行いません)

設定次第で大きく損益は変わります。

難しく感じたらデフォルトのままでも構いませんし、いろいろと試すのもいいでしょう。

【続きを開く】