andnzd

スキャルピングやデイトレードなどは忙しすぎて性に合わないというのであれば、時間を
かけてじっくりと取り組めるスイングトレードの方がいいでしょう。

2015年1月に起こったスイスフランショックや、2016年6月に起こったイギリスEU離脱
ショックなど、分単位で100pips単位で値が動くという異常な状況ではスイングトレード
では損切りするチャンスを逃すことから論外だとして、リスクを下げるために行っていた
はずのスキャルピングやデイトレードでも一向に損切り注文が約定せずに大損失を被った
ケースが相次ぎました。

一部のFX業者を除けば、逆指値やOCO注文が全く役に立たなかっただけでなく、手作業
で行った売買注文も中々約定せずに損失が膨らんでいったケースが続出
したのです。

このため、相場の混乱時でもトレードが継続できるFX業者を選ぶという前提を満たせば
損切りの逆指値を入れておけばスイングトレードでも大差はないと言えるでしょう。

AUDNZDでサザンクロスFX」はオージドルとキウイドルという組み合わせの通貨ペア
を対象としたトレード手法ですが、トレードを行うかどうかを判断するのは週末1回だけ
で十分
です。

というのも、週足チャートを使ってトレード判断を行うからです。
チャートが動くのが週1回ですから、途中で何回チェックしても無駄なだけです。

トレードするのは月曜日の朝一ですから、週末に確認すればいいのです。
トレード判断は慣れてくれば5分程度で行えますので、ほとんど手間もかかりません。

「AUDNZDでサザンクロスFX」では、ナンピンやマーチンゲール、ペアトレードなどは
行いません。
エントリーして利益確定もしくは損切りというシンプルなトレードの繰り返しです。

バックテスト・フォワードテストともにトレード勝率は90%前後をキープしていますし
平均年利80%弱という水準ですから、スーパーサブとして使うのには心強いトレード
手法
だといえます。

忙しい人だと、メインのトレード手法として使ってもいいでしょうね。

【続きを開く】