225opmaster

証券会社によっては取引口座を開設するだけでもクイズ大会で優勝しないといけないよう
な状態に追い込まれるのが「日経225オプション」です。

対面や電話での面談が必要な証券会社もあることから、ハードルが高いように思われます
が、口座開設が比較的簡単なFXでも知識もないままに不適切なトレードを繰り返せば破産
に追い込まれるのと同じ話ですから、トレードをするために必要な知識を身につけた上で
無茶なトレードをしなければ再起不能な状態に追い込まれる心配はありません。

しかし、買いや売りだけでなく、コールやプットなどといったオプション取引独特の聞き
慣れない言葉を見ただけで不安や恐怖を感じるかもしれませんし、コンビネーション取引
やスプレッド取引などといったトレード戦略ともなると、オプションの組み合わせが重要
になることから、しっかりと理解できていないと自分は何をやっているのかわからない
いった状況に陥りかねません。

日経225オプションの入門書を読んでいると、図などを使って一通り説明されてはいます
が、実際のトレードで役立てるためにはもう一工夫欲しいものが少なくありません。

そこで役立つのが「日経225オプションマスター」です。
初級編と中級編の二部構成となっています。(上級編はありません)

初級編の方はオプション取引の入門書でも書かれている内容が中心ですから、別途入門書
を買う必要はありませんが、既に知識がある人にとっては冗長に感じられる部分もあると
しても、知識が漏れている部分もあるかもしれませんので、一応は復習がてら目を通すと
無難です。

中級編が日経225オプションマスターのメインとなりますが、入門書などで足りない堅実
に稼ぎ続けるために必要な手法や考え方を身につけることが出来ます。

初級編で身につけた知識があれば、中級編の内容のほうが簡単に感じられるでしょうし、
これまでに別の225オプションに関する書籍やWebサイトなどを読んでいたとしても、
からうろこ的な発見
が少なくありません。

最低限、リスクが利益を上回らない方法は身につけておく必要があります。

【続きを開く】