surugabank

静岡県から神奈川県にかけてのエリアを中心に主要都市にも支店や出張所などを設置して
いるスルガ銀行ですが、ANAを始めとしてユニークなサービスを提供するインターネット
支店だけでなく、不動産投資向けローン貸出も積極的に行うことで知られています。

しかし、スルガ銀行から融資を受けるにあたって、注意をするべきポイントが何個も存在
する
と指摘するのは、2004年から始めたという不動産投資家の村田幸紀さんです。

その理由として、村田さんは不動産業者とスルガ銀行がタッグを組んで、不良物件を一見
すると優良物件であるかのように錯覚させる場合がある
と指摘します。

もちろん、最初からスルガ銀行が騙すつもりで貸し出しているんだから詐欺師などと糾弾
するつもりはありませんし、そのような売り方をする不動産業者のほうが悪いわけですが
うっかり甘い言葉に騙されて不良物件をつかんでしまうと、次の物件を探すことが非常に
難しくなる
わけです。

別の金融機関に融資の申込をしても、現在所有している不良物件のマイナス評価が大きく
なるため、どれだけ優良な物件であっても審査で落とされる結果になりかねません。

それだったら、物件探しはあなた自身で別に行って、スルガ銀行から融資を受ければいい
と思うかもしれませんね。

同じ静岡県にある静岡銀行は非常に融資姿勢が厳しかったのですが、スルガ銀行の影響を
受けてワイドローンなど融資しやすい商品を開発したことから、従来よりは楽になったと
言われますが、それでも経営姿勢が堅いこともあって今でも渋い印象があります。

静岡銀行と比べるとスルガ銀行はザルと言っていいほどに審査がゆるく、短期間で融資が
受けられる
のはメリットですが、その分だけ融資金利が高く、損益分岐点も高くなるわけ
です。

そこで、利便性が高いがリスクも少なくないというスルガ銀行の特性をどのように使えば
いいのかを説明したセミナーを村田さんが行いました。

その時の模様を収録した「スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー」が役立ちます。
主なポイントは以下の3点です。

  • 法廷耐用年数超過
  • 高い物件評価
  • 広い投資対象エリア

【続きを開く】