hm225

>>公開は終了しました<<

日経225先物トレーダーのハヌマーンさんが新たに開発したのが、「HM225システム
です。
説明はありませんが、ハヌマーンの頭文字を取って「HM」とでもしたのでしょうか?

少ない資金でもこつこつ稼げるように考慮されたというロジックが搭載されていますが、
詳細はブラックボックスになっていることからわかりません。
エントリーやクローズの判断の仕方は付属のマニュアルで解説していますので、テキスト
や動画を見て学んだ後に、慣れるためにデモトレードなどで練習する必要があります。

日経225先物向けのトレードシステムといえば、寄引や寄成、引成といった具合に、日中
取引や夜間取引の寄付や大引といったタイミングにトレードをすることが一般的ですが、
HM225システムはFXのインジケータと同様にトレードチャンスが来た時点でシグナルを
出すタイプのツール
です。

基本的には、インジケータが出すシグナルに従ってエントリーした後、トレードルールに
従って利益確定・損切りするという流れになりますが、40万円程度の自己資金があれば、
一日で6万円や9万円程度の利益を1,2時間トレードしただけで狙える
といいます。

もちろん、相場がほとんど動かない日もあれば、乱高下を繰り返す忙しい日もありますの
で、アルバイトの時給のように固定額で同じように稼げるというわけにはいきませんが、
平均すると中長期的に稼ぎ続けられるトレードツールだとハヌマーンさんは断言します。

HM225システムを使うにあたっては、証券会社などの指定はありません。

あなたが現在使っている証券会社があれば、そのまま使い続けても構いませんし、新たに
契約するのであれば、取引手数料や注文可能な種類などを見ながら選ぶといいでしょう。