argos225

アルゴス225」は日経225先物を対象としたシグナル配信です。
日経225先物ラージ・ミニのどちらにも対応しています。

日経225先物ではお馴染みの寄引システムトレードをシグナル化したもので、原則として
大阪取引所で日経225先物取引が可能な日の朝8時に配信されます。

2016年7月19日から日中取引の開始時間が9時から8時45分に変更されました(終了時刻
は従来通り15時15分)ので、メールの指示に従って8時45分までに売買注文を証券会社
に出せばOK
です。

エントリーをした後に日中取引の大引で決済するように注文を予約しておけば、その日は
何もする必要はありません。

アルゴス225のこれまでの運用結果は以下のようになっています。

2013年(7月以降):1880円
2014年:2320円
2015年:3230円
2016年(7月まで):1830円

バックテストだけが優秀で実運用では全く通用しないものも少なくない中でアルゴス225
は素晴らしい成績を残している
ことがわかるのではないでしょうか。

アルゴス225では見送りの多さに注意する必要があります。

先物相場の状況によっても左右されますが、アルゴス225は短期・中期トレンドフォロー
を狙ってシグナルを出すことから、値動きが乏しいレンジ相場や揉み合い相場では見送り
になることが珍しくありません。

その結果、毎日のようにトレードを行う月もあれば、1ヶ月で3回程度しかトレードしない
月もあります。

取引回数が少ないからといって決してサボっているわけではなく、無理にエントリーして
損失を出さないように見送っていると考えたほうが無難です。

【続きを開く】