daytrade2

株式投資だけに限った話ではありませんが、マニュアルやノウハウを否定する人の意見と
して「入門書を読めば十分」といった言葉が頻繁に出てきます。

確かにプロのトレーダーであっても、実際のトレードで使っている要素だけを切り出せば
入門書に書かれている程度のものしかありません。

板情報や出来高、移動平均線やローソク足、一目均衡表という具合にトレーダーによって
チェックするポイントは異なりますが、いずれも株式の入門書やgoogleなどで検索すれば
簡単に見つけられるものばかりです。

しかし、これらのチェックポイントをどのように使ってトレードの判断をするのかという
点が、わざとなのか、本当に気づいていないのかはわかりませんが、「入門書レベル」と
批判をする人の視点からは抜け落ちています。

自ら試行錯誤を繰り返して「勝利の方程式」を発見すればいいというのは正論だとしても
なにもないところから創りだすとなると時間がかかりますし、センスや才能がないと一生
かかっても不可能です。

このため、ノウハウやマニュアルを参考にすることで大幅に時間が短縮できます。

マニュアルを使って学んだり、ノウハウを参考にしてはいけないというのであれば、極論
すれば教育自体を否定するようなものですから、まともに聞く必要はありません。

また、プロの中に素人が入ってもカモにされるだけだから立ち入り禁止だといった言葉も
聞いたことがあるかもしれません。

素人が職人の世界に入っても通用するわけがないから、自動売買やツールを使えといった
言葉がセットで続くわけですが、こちらも教育次第でレベルアップができますから、単に
ポジショントークをしているだけだと考えるとわかりやすいでしょう。

さて、「究極デイトレ実践塾2」は、30年近くのキャリアを持つ元証券ディーラーの山本
伸一
さんが、自らのトレード経験をもとに、株式デイトレードで稼ぐノウハウをまとめた
マニュアルです。

シンプルで簡単にできることを重視していますので、身につけるのには苦労しないと思い
ますし、資金量やトレード時間などで応用がききますので、あなただけのトレードルール
作りにも役立ちます。

【続きを開く】