bakusca

>>公開は終了しました<<

特にスイングトレードを中心に取り組む人に多い状況ですが、あなたもボラティリティの
低い相場が続くと稼げない
といった状況になっていませんか?

トレンドを狙おうとしても値動きが乏しいことからトレードチャンスが見当たらないとか
何度もダマシにあって損失を出すといった繰り返しではないかと思います。

少ない値動きで利益を増やそうと思ったら、ロットサイズを大きくすればいいわけですが
利益が出た時には良いとしても、損失が出て証拠金が減少するとレバレッジなども考えた
場合、リカバリするのが難しくなりますので、それほど優れた戦術だともいえません。

FX専業トレーダーの「為替鬼」こと津田英明さんは、この変動の小さい為替市場を逆手に
取ることで、勝率8割以上のエントリーポイントを用いて右肩上がりで利益を獲得するの
は可能
だといいます。

そのスキャルピング手法をまとめたのが「爆速スキャルピング」です。

爆速スキャルピング実践者からの報告では、トレード初日から50pips、200pipsという
利益
を出していますので、その効果の高さがわかるのではないでしょうか?

このため、無理にロットサイズを大きくする必要はありませんし、通常のスキャルピング
ではエントリーチャンスが全く見つからない状況でも、津田さんの提唱するスキャル手法
では次々とエントリーチャンスを見つけられるだけでなく、トレード勝率80%以上という
安心感
がついています。

その上、揉み合い相場からレンジ相場やトレンド相場に移行した場合には利益を伸ばせば
いいわけですから、爆速スキャルピングを使えば柔軟性を持ったトレードが可能です。

爆速スキャルピングのトレードルールはシンプルでわかりやすく、判断に困ることは滅多
にありません。

ロット管理ではピラミッティングの手法も説明していますが、ナンピン・マーチンゲール
同様に好き嫌いが分かれますので、津田さんも必ず実践する必要があると言っているわけ
ではありません。