sonkiri

>>公開は終了しました<<

何もFXだけに限った話だけではありませんが、全てのトレードで利益を出すことは不可能
です。

ナンピンを繰り返せすことで、マージンコールさえ来なければ、全てのポジションを精算
した結果、利益を出すまで粘れるわけですが、それでも個別のトレードで見れば、大半の
ポジションが損切りとなりますし、それと利益確定したポジションの組み合わせですから
厳密に言えば、トレード勝率は非常に低くなることが一般的です。

ナンピントレードは勝率が高いというのは、精算する際に1トレードとしてまとめるから
であって、個別のポジションごとに損益を計算して勝率を当てはめると必ずしも高いわけ
ではありません。

さて、勝ち続けているトレーダーが口をそろえて言うのは、トレード勝率は重要ではない
という言葉です。

「利大損小」でも「利小損小」でも構いませんが、損失を少なく抑えて、それより利益が
多ければトータルでは稼げたわけですから、損をしないトレードをすることが最も重要
というわけです。

しかし、エントリー直後から含み益がどんどん増えていくトレードができればいいですが
損をしないようにと思って、1pipでも含み損が出たら損切りというトレードをしていると
小さな損切りを何度も何度も繰り返すことで生じる「損切り貧乏」になりかねません。

損切りを避けるのは論外ですが、早すぎる損切りも害悪なのです。

そこで、FXトレーダーの「よしピエロ」さんが、損切りで感じるストレスに苦しめられる
ことなく、適切な損切りを行えるようにするために必要な知識やマインドの保ち方
に特化
したマニュアル「損切りコンサルティング」を作成しました。

損切りを完璧に行うための「本物の思考」をFX初心者でも身につけられます。
13万文字を超えるマニュアルですが、何度も読みなおすことで着実に身につきます。