kubun

不動産投資をするにあたって、マンションやアパートを一棟買いする方法が主流になって
います。

家賃収入が多いのは当然ですし、空室リスクを下げるためにも部屋数が多いほうが何かと
融通がきくというメリットも見逃せません。

その一方、どうしても一棟丸ごと購入するとなると購入金額が膨らみますから、金融機関
に融資を申請しても通らない場合も出てきますし、利率が高いスルガ銀行などでローンを
組むと返済金額が大きくなって大変といった弊害も出てきます。

また、あなたが購入した物件の近くに短期間のうちに新築物件が一度に大量に建てられる
と言った環境変化が起こると、所有物件の空室が一気に増える可能性が高まりますから、
不動産投資が行き詰まるおそれが出てくるわけです。

融資金額が大きいと物件を売却しても返済できずに、場合によっては自己破産や任意整理
などで一生借金漬けという結果にもなりかねません。

そこで、サラリーマン大家の萩原寮さんは、特に不動産投資初心者にとっては、一棟買い
ではなく区分不動産のほうが低リスクで安全に取り組める
とアドバイスします。

区分不動産」というと「ワンルーム投資」といったイメージがつきものですし、業者は
成功事例ばかりを紹介する一方、いつまでたっても空室のままで、売りたくても売れない
不良物件が非常に多く、とてもじゃないが買ってはいけないという意見が多いですね。

あなたも区分不動産に対して悪いイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、区分不動産の対象としてはワンルーム以外にも、ファミリーマンションやホテル
なども含まれますし、一般的に考えがちなワンルーム1部屋だけを買うのではなく複数軒
購入することで空室対策もやりやすくなるわけです。

やり方次第で、一棟買いよりもリスクが少ない上に、巷で言われているような危ない投資
といったイメージとは全く違った不動産投資ができる
と萩原さんは言います。

この区分不動産を使った効果的な投資手法をマニュアルにしたのが、「アンチ1棟!区分
不動産で作るキャッシュポイント構築法
」です。

物件探しから資金調達、実際に物件を持ってからの空室対策や税金対応など、不動産投資
の知識が全くない人でも無理なく取り組めますし、なにか疑問があればメールサポート
解決できます。

【続きを開く】