daytrademaster

株式デイトレードで利益を出すためには値動きが大きな銘柄を選ぶ必要があります。

上場廃止予定の銘柄を使って、株価1円・2円といったところを狙うというのも一つの方法
ですが、同じように考えるトレーダーが数多くいることから期待したほどの利益が出ない
場合も珍しくありません。

そこで、シストレアカデミーの毛塚真也さんは、以下の条件をクリアした銘柄をトレード
すれば高い確率で利益を出すことが可能だといいます。

  • 前日値上がりした銘柄を対象とする
  • 寄り付き後の値動きを見てトレード候補を確定する
  • 利益確定で株価が下がってきたところをエントリーする
  • 1%の含み益が出たら利益確定、2%の含み損で損切りする

他のトレーダーが利益確定の売り注文を出して株価が下がった後に、押し目買いが入って
再び株価上昇に転じるタイミングを狙う
というロジックになります。

毛塚さんがこのロジックの有効性を検証した結果、トレード勝率90%という成績でした。
リミットとストップが固定値で決められているため、コツコツドカンになることなく利大
損小を実現できている事がわかるのではないでしょうか。

この毛塚さんが提唱する株式デイトレード手法をツール化したのがデイトレマスター株価
ボード
です。

デイトレード向けの銘柄抽出を全自動で行えるのはもちろんですが、トレードチャンスに
なったらシグナルが表示されますので、基本的にはチャートを見る必要もありません。

シグナルの表示と同時にメールを送信することもできますので、メール受信にタイムラグ
がなければ外出先などでもスマホやガラケーなどでチェックしてトレードすることも可能
です。

メール送信に関してはサーバー遅延の問題が必ず出てきますので、あまりおすすめはでき
ませんが、タイミングが良ければ使っても良いかもしれません。

デイトレマスター株価ボードを使用するにあたってはマイクロソフトエクセルと楽天証券
のマーケットスピードが必要
になります。
マーケットスピードは楽天証券にFXや先物口座を開けば無料で使えますから心配はないと
して、ExcelVBAを使用していることから、Excel以外の表計算ソフトでは正常に動作しま
せん
ので注意が必要です。

【続きを開く】