saisinknowhow

>>公開は終了しました<<

少ない資金で地方の高利回り物件を入手して、安定的に高稼働を実現させるという手法で
運用利回り20%超、年間家賃収入は5000万円を超えるといった具合に不動産投資を成功
させてきた石原博光さんが、どのように不動産投資を行ってきたのか知りたくありません
か?

しかし、注意をしないといけないのは、成功例があるからと言って古い情報やノウハウが
今でも通用するとは限らない
という点です。

高度成長期には土地を買ってほったらかしにしているだけでも地価が勝手に上がっていき
ましたから、何も考えずにバイアンドホールドで利益が出ましたし、都市部を中心に空室
不足が深刻なために、ボロ屋でも高い家賃で満室にできるというのが当たり前でした。

その一方、今でも地価が下がり続けるエリアが大半ですから、バイアンドホールドなどは
愚策も良いところですし、マンションやアパート好条件が揃っていないと空室が出るのは
珍しくない上に、近くに新たな物件ができると空室が増えるという具合です。

当然ながら空室が増えれば家賃収入も減りますので、赤字になりかねないわけです。

そこで役立つのが、「石原博光の最新不動産投資ノウハウ」です。

ちょっとした知識を知っているかどうかで、100万円、1000万円単位で差が出ることも
珍しくありませんし、不動産投資家が優良な物件を見つけるために必死になっている中で
スイスイと良質な物件を見つけ出すといったことも可能になります。

もちろん、石原博光の最新不動産投資ノウハウも一生通用するようなものではありません
が、今日知っても明日には使えなくなるほどの鮮度の低い情報やノウハウではないため、
根本的に不動産に関する情勢が変わることでもない限りは、今後も通用できると言っても
いいでしょう。