fxscalrevo

>>公開は終了しました<<

FX-Jinさんが行っていたFXシグナル配信は、わずか18ヶ月間で資産を10倍にしたという
驚異的な実績だったことから「伝説のシグナル配信」などと呼ばれていました。

そのシグナル配信の中でFX-Jinさんが使っていたトレードルールやロジックを誰もが実践
できるようにマニュアルにまとめたのがFXスキャルピング革命です。

FXスキャルピング革命は、以下の2種類のロジックから構成されています。

  • スピードスキャル
  • カウンタースキャル

スピードスキャルではトレンドフォローのレンジブレイクを狙います。

一般的なブレイクアウト手法だとダマシに会いやすいことからトレード勝率が低い傾向が
ありますが、スピードスキャルはトレンドの強さをチェックした上でエントリーすること
から、リミット:ストップ=1:1でトレード勝率90%超えも夢ではありません。

エントリーからクローズまでの時間は長くても1時間程度で、スキマ時間を効率良く使え
ますし、エントリー後にOCO注文を行うことで決済は自動化が出来ますから、損切りや
利益確定のためにチャートを監視し続ける必要はありません。

獲得利益は少なめですからコツコツと利益を積み重ねていくスタイルになります。

カウンタースキャルはトレンドの転換点を逆張りで狙いますのでスピードスキャルよりも
トレード回数は少なくなりますし、短期スイングトレードになりますから、長い場合には
1日程度ポジションを持ち続けることもあります。

カウンタースキャルはチャートの波形確認など裁量判断の項目が増えますので、慣れない
うちは練習が必要ですが、短期間でマスターできる恋スキャよりも簡単という意見がある
ほどですから、個人差があるとしても簡単にマスターできるのではないでしょうか。

エントリー後にOCO注文で機械的に決済させても構いませんし、獲得利益を増やしたいと
いうのであれば損切りの逆指値だけを入れておいて、時々チャートをチェックするという
手間はかかりますが、1回のトレードでスピードスキャルと比べて10倍以上の利益を得る
ことも可能
です。

それにもかかわらず、カウンタースキャルのトレード勝率はリミット:ストップ=2:1で
70%を狙えますからFXスキャルピング革命の効果の高さが分かるのではないでしょうか。