kyobaiou

裁判所で行われている競売ですが、競売対象となるのは動産競売(差し押さえ品・遺留品
競売)と不動産競売の2種類です。

そのうち、動産競売は地方裁判所に行かないと情報が手に入りませんし、大多数の場合は
無価値なゴミクズを購入するようなものですから、いつもの業者以外に、たまにせどらー
が押しかけては、転売できそうな商品が何一つ見つからずに肩を落として帰っていく状態
だと裁判所の人から聞きました。

むしろ、裁判所の競売としてイメージするのは不動産競売の方でしょう。

かつては、地上げ屋などの資金源となっていたそうですが、現在は一般参加者も増加して
いることもあって、従来よりも安く仕入れることが難しくなったと言われています。

しかし、アパート経営・不動産投資実践会の中村武司さんは、今でも競売で莫大な利益を
得る方法は存在する
と指摘します。

競売エキスパートにかかれば、1回の競売で稼ぐ金額は平均600万円、利益が出ることが
確定した状態で購入するからハズレくじは絶対に引かない
といいます。

競売エキスパートは、通常の不動産競売入札者が無理だと思って諦めていることを簡単に
実行しています
が、例えば、以下のようなことは普通であれば無理だと思われがちです。

  • 区分所有物件の値引き交渉
  • 入札前の物件内部確認
  • 立ち退き交渉を数千円程度で済ませる方法
  • 大手業者とコラボして販売する方法

知っている人は当たり前のように行って、稼げる物件だけを絞り込んだ上で、落札すれば
利益確定という状況に持って行きます。

それとは逆に、素人を食い物にする競売代行業者もいますから、何が甘い話で気をつける
必要があるのか、何が本当に効率良く稼げる方法なのかを知らないと、痛い目にあうだけ
です。

そこで、あなたが競売に対して正しい知識を身につけた上で、悪徳業者などに騙されずに
効率良く稼げる方法を、中村さんと競売エキスパートの関俊一さんが、「競売王」という
マニュアルにまとめました。

大手が狙わない数百万円の小口物件を中心に、仕入れる前に利益を確定させる手法を学ぶ
ことができます。

競売に参加する際には宅建士資格などは不要ですから、過去の不動産競売で代金を支払う
ことなくトンズラしたトラブルメーカーを除けば、それこそ指名手配犯や外国人であって
も参加可能ですから、あなたも当然OKです。

【続きを開く】