bnb

Airbnbをはじめとした民泊ビジネスが活発化してきました。

しかし、従来は旅館業法違反で警察などが摘発・逮捕するケースが少なくなかったのと、
民泊ビジネスをはじめるほうも無知なために旅館業法違反を知らないうちに行っていたと
いう点が問題視されていたわけですが、法体系や対策が整備されてきたことで不動産投資
としての民泊
を始めやすくなっています。

東京や大阪などでは「民泊特区」に指定されていることで手続きなどが大幅に緩和されて
いますし、部屋の管理や予約引受などを代行する業者も増えてきましたので、あなた自身
の手を煩わさなくても多くの建物・部屋を維持管理できるようになりました。

駅から遠く築年数が経っているなどの理由で入居者が見つからないアパートでも宿泊者で
あれば簡単に見つかるというケースは増えていますし、アパートの規約などにもよります
が、区分所有でも民泊が行える物件であれば、価格面で低リスクで始められます。

その一方、民泊に参入すれば儲かると安易に始めて宿泊者を集めることができなかったり
維持費よりも宿泊費による収入が安くなって赤字
という結果に終わる人も増えています。

毎年7桁、8桁と稼いでいる人がいるのは事実ですが、これでは意味がありません。
民泊に関する正しい知識を身につけた上で、多くの宿泊者数を確保し、しっかりと黒字化
する必要があります。

そこで役立つのが「おもてなしbnb」です。

「mao」こと鶴岡真緒さんが19件のゲストハウスを経営し、年1500万円の売上をあげる
事に成功した実績をもとに、自宅の一室から始められる民泊ビジネスで雪だるま式に増や
していくために何をすれば良いのかを全て明らか
にしています。

あなたが現時点で全く知識がなくても問題ありませんし、外国語が話せなくても全く問題
なく外国人向けの民泊ビジネスをスタートできます。

【続きを開く】