過去13ヶ月間にもわたって、月単位で損失を出していないという実績を残しているFXトレード
ツールが「モンスター・トレンドゾーンFX」です。

モンスター・トレンドゾーンFXは20種類以上の通貨ペアに対応していますが、ドル円だけでも
1年間で10000pips以上の利益を出している
といったら信じられないのではないでしょうか?

モンスター・トレンドゾーンFXのトレードロジックはシンプルです。

基本的にはレンジブレイクが起こればエントリーし、勢いがなくなったらクローズするという
流れになりますが、うまくいけば大きく稼げる一方で、ダマシも多いことから、なかなか思い
通りに行かないトレード戦略の一つです。

モンスター・トレンドゾーンFXのトレード勝率は50%程度と、半分程度はダマシにあっている
わけですが、レンジブレイクを狙っていることからリスクリワードレシオが7と異常に高く、
トレード勝率が半分程度でも十分すぎるほどの利益が得られるというわけです。

モンスター・トレンドゾーンFXのトレードチャンスは、相場状況や通貨ペアによっても異なり
ますが、1通貨ペアあたり1ヶ月平均80回程度となり、1日あたり2回~3回程度と少なめです。

このため、20種類以上の通貨ペアを監視することでトレードチャンスを増やしているわけです
が、専業トレーダーのように液晶ディスプレイを何個も用意して、ガードマンが防犯カメラの
画面を監視しているのと同じように、チャートを見続けてトレードチャンスを見つけるという
のは、素人には不可能に近いのではないでしょうか?

モンスター・トレンドゾーンFXでは、インジケータ上で出す矢印とストップ・リミットなどを
活用することで、複数通貨ペアでトレードをしていてもストレスを感じることなく取り組める
ように工夫されています。

エントリー後はOCO注文を入れれば決済は自動化できますし、トレーディングストップを活用
することで、無理なく獲得利益を増やしていけます。

【続きを開く】