ライントレードが難しい
と言われるのは、理論自体はシンプルでわかりやすいように思えても、実際に使いこなす
ことができないケースが続出しているからです。

過去のチャートを開いて、レジスタンスラインやサポートライン、トレンドラインを正確
に引くことは子供でも簡単にできますが、ライブチャートで同じようにラインを引いても
その後の値動きがラインの通りにならないことの方が多い
のが実情です。

ラインを主観的に引いてしまうと、全くと言っていいほど見当違いな結果になります。

また、ラインを引いた時点では有効に機能していても、時間が経つとともに使えなくなる
わけですが、どのタイミングでラインの「消費期限」が来たのかを判断するのも簡単では
ありません。

その結果、ライントレードは難しいとか、時代遅れなどといって挫折するわけです。

そこで役立つのが「トレンドラインpro」です。
トレンドラインproがどのようなツールなのかを以下の動画で確認してください。

  • サポートライン
  • レジスタンスライン
  • トレンドライン

を自動的に描画しますので、相場の転換点やブレイクアウトのポイントなどを簡単に確認
できるようになります。

もちろん、自動描画されたラインが増えていくばかりではなく、消費期限が切れたライン
は自動的に消えていきますので、チェックした時点で有効性のあるラインのみ
を見ること
ができます。

なお、ライントレードの知識がまったくないと、トレンドラインproで引かれたラインを
頼りにトレードしても、なかなか利益を出すことはできません。

むしろ、ライントレードの勉強をしながら、トレンドラインproを併用することで、効率
よく上達
することができます。

【続きを開く】