5okudo

SE時代には「歩く証券システム」という異名を持っていたという石田豪さんが、トレード
ツール開発やトランザクション分析を長年にわたって行っていた経験をもとに資産運用を
はじめるようになり、現在は専業トレーダーとして、相場の値動きに影響されることなく
日経225先物で安定的に月300万円は稼げるようになったといいます。

その石田さんが数多くの成功と失敗を踏まえて、日経225先物で長期的に稼ぎ続けるため
に必要なポイントとして以下の3点をあげています。

  • 売買ルールを決める
  • ルール通りに運用する
  • 売買ルールを見直す

失敗者・挫折者の多くは、売買ルールを決める際に全く検証をしなかったり、非常に甘い
見通ししか行わずに実運用に入った挙句に、思い通りの成果が出なければ自分勝手な思い
つきでルールを変えてみたり、コレは使えないからといって簡単に諦めて別の売買ルール
を探し求めるという繰り返しています。

そのうちに運用資金を全て失い、他人に対して「投資なんてやるだけ損」だと愚痴ったり
他のトレーダーに投資をやめるように説教や罵倒を繰り返すアンチになるという人もいる
わけですが、結局は自分のココロの弱さを責任転嫁しているようにしか見えません。

さて、日経225先物ウルトラコンプリートパッケージ「五億導」は石田さんが悪戦苦闘を
して見つけ出した「売買ルール」を学んで、実践できるようにマニュアルにまとめたもの
ですが、ライブチャートを見ながらスキャルピングやデイトレードなどの売買を繰り返す
よりも寄引システムトレードで損切りだけをしっかりと行うほうが効果的だということが
わかるのではないでしょうか。

日経225先物ラージ、ミニのどちらでも構いません。

日中取引の始まる前にエントリーして、あとは損切りと大引でクローズするように注文を
出しておけばいいだけですから手軽です。

【続きを開く】