myhomeloan

不動産投資向け住宅ローンと、マイホーム向け住宅ローンとでは審査基準は違います。

このため、不動産投資向け融資を引き出せる投資家でも、自宅用にローンを借りるときに
融資が下りないというケースもあります(自宅兼アパートなどに用途変更して投資物件と
して融資を受けることもあると聞きます)が、一般的に住宅ローンを借りることが簡単に
できそうな人でも審査に落ちるケースが意外に多い
のです。

その一方、通常では融資を受けるのが難しいケースでも、まともな金融機関から自己資金
ゼロのフルローンで借りられたというケースも増えている(返済できるかどうか別問題と
いうのが何だか闇を感じますが)といいます。

某都市銀行で住宅ローン融資業務に10年以上にわたって携わっていたという中山理恵子
さんは、現在は銀行を退職して、(一財)住宅金融普及協会認定住宅ローンアドバイザー
という立場から、住宅ローン承認アドバイザーとして審査を通すためのコツやポイント
を教える立場になったといいますが、ちょっとした知識を身につけて行動するだけで審査
が有利になるだけでなく、融資金利や金額も有利な条件を引き出せる
と指摘します。

中山さんはマイホーム向け住宅ローンの審査に合格するだけでなく、有利な条件で融資を
受けられるようにする具体的な方法をまとめた「住宅ローン審査速攻承認プログラム」を
公開しています。

情報を渡して終わりではなく、メールや電話を使った個別サポートも用意されています。

また、あくまでもオマケですが、自宅兼アパートなどの収益性物件を立てて家賃収入から
住宅ローンを支払うスキームで自己負担ゼロで済ませる方法も紹介していますが、不動産
投資のスキルが必要ですから、マイホーム融資と比べると作業量が多いですし、大家さん
の仕事もしないといけませんから少し面倒です。

【続きを開く】