katayaburi

>>公開は終了しました<<

サラリーマンの「副業」としてFXトレードを考えた場合は、専業トレーダーとは異なり、
そもそもトレードできる時間が限られています。

その上、スイングトレードのようにポジションを持ち続けていると、取引をしない時間帯
に予期せぬ暴騰・暴落が起こってしまうと、損切り用のストップをいれていても全く役に
たたずに、大きくスリッページが起こる
ケースは決して珍しくありません。

場合によっては取引のために用意したお金をすべて吹き飛ばすだけでは済まずに、大幅な
マイナス金額が残ってしまって、ブローカーから追証を求められるケースも出てきます。

海外の業者の場合には、債権回収が物理的に無理だということで、残高のマイナスを全て
帳消しにしてくれるゼロカット口座もありますが、一見すると非常に有利なように思えた
としても、普段の取引で他社と比べてスリッページが大きかったり、名目上はスプレッド
が狭くても、実際は非常に大きいというケースも珍しくありません。

このため、エントリーからクローズまでを短時間で完結できるスキャルピングが副業向け
には適切
だという意見が根強いわけです。

もちろん、スキャルピングの場合は取引判断を極めて短い時間で行う必要がありますから
運動神経が鈍かったり、判断能力が低い人にとってはハンデを背負った状態といえます。

とはいっても、信号が青になったら横断歩道を渡るという程度であれば、運動神経が鈍い
人でも時間をかけずに行動できますので、トレードルールがシンプルで単純であれば、誰
でも無理なく続けられる
わけです。

そこで役立つのが、「高勝率ロジック 肩破り&リカバリー」です。

シンプルなルールのトレンドフォロー手法と、損失のリカバリに役立つトレンド変換とを
組み合わせることで、短期スイングでも着実に利益をとっていけます。