sedoritax

改めて言うまでもない話だとは思いますが、せどりなどの副業で年20万円以上の利益
出たら確定申告を行う義務があります。

せどりの場合には、売上が20万円ではなく、「売却した金額」から「仕入れた金額」を
差し引いた金額から、送料や売買手数料などの経費を差し引いた利益が20万円を超えた
場合に確定申告が必要
になりますので勘違いしないように気をつけて下さい。

転売ビジネスで稼いだお金は税務署にバレるわけがないと思って、ほったらかしにして
いる人が居ますが、最初の数年間は全く音沙汰がなくても、数年後の夏から冬にかけて
税務署に来るように言われたり、家庭訪問(税務調査)をするから用意しておけという
連絡
が来ます。

完全な無申告だと「脱税する意思が有る」という証拠になりますから、未払いの税金に
課せられる追徴金も非常に大きい物になりますし、確定申告を毎年行っていても意図的
に隠していたと税務署員に認定されれば追徴課税は非常に大きくなります。

また、きちんと確定申告を済ませている人に対しても状況確認のために税務調査が来る
場合も増えていますから、必要な手続きさえ済ませていれば過度に心配する必要はあり
ません。(ケアレスミス・思い違いなどで記載漏れした分が追徴される場合はあります)

税金面の手続きや作業が面倒臭いと思うのであれば、そのために専門家である税理士
いるわけですから全て丸投げするといいわけですが、個人で確定申告代行をしてもらう
のに必要な費用は平均5万円程度です。(事業所得・雑所得で計上する場合)

もちろん、1回支払えば終わりではなく、毎年5万円程度が必要ですから、結構な金額に
なるわけですね。

そこで、あなた自身で確定申告を行いませんか?

転売している商品数が多ければ作業量が増えますが、手順さえ知ってしまえば単純作業
の繰り返しですから、飽きてきますが難しくはありません。

その確定申告の手順を学べるだけでなく、税金の支払を合法的に減らすための方法論を
ベンチャーサポート税理士法人代表の森健太郎税理士が講師となって、セミナー形式で
教えてくれる「せどりに特化した税金セミナー」動画が役立ちます。

動画ですから、あなたの空き時間などを使えば、いつでも見ることが出来ます。

取引数量・金額が増えてくれば、株式会社や合同会社などの法人組織にしたほうが節税
できる場合も出てきますから、税理士を雇わないとまともな会計ができなくなるケース
も出てきます。

この場合にヤル気のない税理士だと雇い損になりかねませんから、あなたにとって味方
になる税理士探しのポイントも「せどりに特化した税金セミナー」では学べます。

【続きを開く】