fxadvance

FXトレードで稼ぐために必要な知識は書店で売っているFX入門書を読むだけで十分だと
いったら驚くかもしれません。

しかし、FX入門書を買って熟読しても稼げないトレーダーが大半なのもまた事実です。
いったい、どうしてなのでしょうか?

FXに関する知識だけがあっても「投資技法」がないことから、適切なトレードが行えずに
損失を積み上げているのが原因です。

せっかく知識として身につけても、適切に使いこなせなければ意味がありません。

知識を増やせば何とかなるという発想を続ける限り、いつまでたっても勝ち組トレーダー
になることは不可能です。

大豆先物からスタートして、今では投資経験30年以上のベテラントレーダーである佐野裕
さんは、例えば、FXトレードで使われることの多いテクニカル指標はトレンドの状態毎に
適切な使い方が存在する
と指摘します。

相場の状態を無視してストキャスティクスやMACDなどを使うのは論外として、複数種類
の指標を適切に組み合わせれば全天候型のトレードが可能になるという考えをしがちです
が、そのような発想自体が誤りなのです。

さらに、適切なタイミングで適切な知識を用いてトレードするというのは経験が必要です
し、稼げるトレード手法をどれだけ身につけても稼ぎ続けることは困難です。

というのも、圧倒的に思考が足りないからです。

「魚を与えるのではなく釣り方を教えよ」
という格言がありますが、方法だけを教えても思考ができなければ自力で実践できるよう
にはなりません。

コンピュータプログラムと同じであって、決められたとおりに動いてエラーが出たら停止
するというだけで終わるからです。
エラーが出ないように考えて行動するという部分が圧倒的に足りないからこそ、失敗する
結果になり、そこで挫折してしまうのです。

そこで、トレード手法だけでなく経験や思考も同時に学べるFXトレード教材として佐野
さんが作成した「FXビクトリーメソッドアドバンス」がロングセラーを続けています。

自分で考えてFXトレードができるレベルまで向上できるというわけです。

【続きを開く】