kakei

お金を貯めるには家計簿をつけるのが重要
といった話を聞いたことはありませんか?

たしかに正しく家計簿を使いこなすことができれば価値はありますが、ただ収入と支出を
記録することだけが目的であれば家計簿は必要ありません。

やっていることは日記を書くのと変わらないからです。
日記帳の片隅にでも「本日の収入・支出」と書いておけばいいわけです。

家計簿をつけるのは、支出を減らすために何をすれば良いのかを調べるべく、現在の支出
状況を調べることが目的です。

赤字だったから、ため息を付いて終わるというのでは時間の無駄ですし、一つでも項目が
書き漏らしてはいけないと思って、毎日何時間もかけて入力する必要もありません。

むしろ重要なのは、支出状況を調べた上で、収入に応じて何円まで使えば良いのか事前に
予算化しておくことです。

今月は総額10万円までというのではなく、食費は2万円、携帯は5000円などという具合に
決めた上で、毎月ダラダラと買っていたお菓子や雑誌などはやめるという調子で家計簿で
見つけた無駄遣いを減らしていけば、自然とお金が残ってきます。

この家計の支出を抑えるノウハウを数時間で学べるのが「予算作りをして家計をやりくり
する方法
」です。

最初に予算計画を立てていても、途中で変更しないといけない状況に追い込まれることは
決して珍しくありません。

冠婚葬祭(特に葬儀は計画が立てられません)はもちろんのこと、病気やけが、故障など
での買い替えや修理という具合に、想定外の支出が起こるケースは少なくないものです。

こうなると予算を立てるのは無理だと思って諦めてしまいがちですが、うまく計画変更が
できるようになると無理なく続けられるだけでなく、想定外の支出があってもお金が足り
ないといった悩みを抱える必要がなくなります。

【続きを開く】