fastsignal

>>公開は終了しました<<

インジケータや自動売買システムなどの性能を確認するためのチェックポイントの一つと
して「トレード勝率」をあげる人が居ますが、トレード勝率0%であれば話にならないと
しても、トレード勝率が高くても優秀なシステムだと断言することはできません。

1敗しただけで退場に追い込まれるケースがあるからです。

2015年1月15日に発生したスイスフランの暴騰や2016年6月24日のイギリス国民投票で
EU離脱が決まったことに伴うポンドの暴落といったケースが記憶に新しいと思いますが
この負けトレードだけで自己破産に追い込まれたり、自殺したトレーダーも発生している
わけです。

ゼロカット口座を使えば負債は抱えずに済みますし、投資の損失では自己破産は不可能と
いった風説の流布が出回っていますが、払えないものは仕方がありませんから裁判所でも
支払える範囲まで借金を減らした上で、それ以上の金額は自己破産で免責にするケースが
大半ですから、精神的に動揺している中でも、まずはFX業者や弁護士などに相談した方
が無難
です。

しかし、バイナリーオプションであれば、ラダーの場合はペイアウト率が変わることから
一概にはいえませんが、それ以外の場合はトレード勝率が損益に直結しますし、FXでも
ストップとリミットを同じ値で固定してしまえばトレード勝率が損益に直結します。

ストップ・リミットを固定するのはFXの魅力を潰しているという批判があるのは事実です
が、スキャルピングやデイトレードなどの場合は利益を積み重ねていくトレードスタイル
ですから気にする必要はありませんし、トレーディングストップを併用すれば利益だけを
伸ばしていくことが可能ですから、同じトレード勝率でも利益を増やせます。

そこで役立つのが、実践者報告でリミット:ストップ=1:1でトレード勝率80%以上
という成績を残している「fast-signal」です。

ストップリミットともに30pipsで、1日平均100pips超の利益がどんどん取れています。