225ridetrend

日経225先物だけに限った話ではありませんが、裁量トレードと自動売買システムを含む
システムトレード(無裁量トレード)のどちらが優秀かといった議論がたびたび行われて
いるものです。

結論から言えば、不毛な宗教論争そのものです。

どちらかが一方的に優れているわけではなく、どちらもメリットとデメリットが存在して
互いに相手側の問題点をあげては自分の優位性をでっち上げるといっても良い状況です。

このため、現実的な対応としては、システムトレードと裁量トレードを組み合わせて欠点
をカバーしながらメリットだけを伸ばしていく
というアプローチが行われることが一般的
です。

日経225ライド・ザ・トレンドも、この現実的なアプローチによって構築されたトレード
手法の一つですが、元証券ディーラーで今は株式情報を提供するグロースアドバイザーズ
の代表を務める山本伸一さんがディーラー時代に先物取引に取り組むにあたって実践して
いた手法をマニュアル化したものです。

「日経225ライド・ザ・トレンド」という名前の通り、日経225先物の値動きのトレンド
を正しく把握することで、ストレスなく稼ぐことを目的
としています。

相場の流れを理解できれば転換点などもつかめるようになるため、トレンドフォローだけ
でなくカウンターアタックでも狙うことができるわけですが、裁量とシステムとの論争と
同じように、どちらか一方が優れているわけではありません。

早めに狙えそうであれば「逆張り」、確実性を高めたければ「順張り」という具合に状況
に合わせて選べばいいわけですし、思惑と違った動きをすれば損切りをしっかりと行えば
サーキットブレイカーが連発する混乱した状態でも無い限りは、マージンコールを迎える
状況に追い込まれる心配はないでしょう。

【続きを開く】