cloudout

>>公開は終了しました<<

国内のバイナリーオプション業者で主流になっているラダー方式の場合はペイアウト率は
一定の範囲で動きますので、トレード勝率と損益が必ずしも一致するわけではありません
が、海外のバイナリー業者では一般的なハイローやタッチだとペイアウト率が固定されて
いることからトレード勝率と損益は一致
します。

このため、海外業者でバイナリー取引をする場合には、トレード勝率を高めることだけを
考えればいいわけですが、そんなに簡単に稼げるトレードが実現できたら苦労はいらない
と言いたい気分
ですよね。

全員が勝ってしまったら業者にとっては丸損ですから、サービス自体をやめてしまいます
し、現実にそうならないということは負け組のほうが多いために業者に利益が出ていると
いうわけです。

そこで、少数派である勝ち組に入るためのトレード手法を日本バイナリーオプション協会
公認講師でファイナンシャルプランナーの北村信樹さんが、「クラウド・アウト」という
マニュアルにまとめました。

ペイアウト率によっても異なりますが、トレード勝率が60%あれば中長期的には利益が
出せる水準
となります。

しかし、クラウド・アウトの実践者はトレード勝率80%を超える事も珍しくないという
と驚くのではないでしょうか。

クラウド・アウトはツールのシグナルに従ってトレードをするようなものではなく、裁量
判断が必要になりますので今日から勝ち組というわけにはいきませんが、ある程度の勉強
と練習は必要になりますし、運用成績にも個人差が出るのは仕方がないとしても、優位性
のあるトレードができるようになるという意味においては役立ちます。

すべて動画で学べますので文章を読むのが苦手な人でも問題ありません。