tiho

>>公開は終了しました<<

ニュースを見ていると、都市部の地価は上昇している一方、地方は下落が止まらない
いった論調で伝えられており、確かに路線価などの発表されたデータだけを見ていると
正しい事実であるかのように考えがちです。

しかし、不動産投資家の伊藤邦生さんは、あまりにも一律的すぎて視野の狭い見方だと
指摘します。

というのも、「地方」とひとくくりにすること自体が間違いであって、同じ都道府県や
同じ区市町村の中で比較しても、地価が上昇しているエリアもあれば、横ばいのままで
安定しているところもありますし、地価の下落が止まらない場所も存在するという具合
にバラバラだからです。

このため、多くの不動産投資家が勘違いしている状況を逆手に取って、地方でも有利な
場所にある不動産物件を用いて不動産投資を行えば、高利回りかつ安定的な運用が期待
できる
と伊藤さんは言います。

このような賃貸需要が旺盛で、常に高い入居率で稼働することから、家賃もほとんど下落
しない「地方プレミアム物件」を見つけて行う投資手法のことを「地方プレミアム投資術
と呼んでいます。

「地方プレミアム投資術」では、どうやって物件を見つけるのでしょうか?

出張族でもない限り、全国各地を飛び回って物件を探すというのは時間的・金銭的に困難
ですよね。

かといって、不動産屋などに調べてもらうにしても限度がありますが、2つのポイントを
抑えておけば地方プレミアム物件を見つけるのは難しくない
と伊藤さんは言います。

それこそ数年以内にヤングリタイアすることも可能だといったら驚くかもしれません。